育毛実践の記録☆薄毛対策30年をふりかえる

ハゲて髪生えない人

薄毛やハゲはダイエットよりも難易度が高いと思われています。

それどころか、

「ハゲは遺伝だから、何をしても無駄だ」

と考えている人もいます。

今日、平成26年3月16日は、テレビ番組では小保方さんのSTAP細胞疑惑問題を取り上げていましたね。

「アッコにおまかせ!!」では20分くらいこの話題でしたよ。

この問題で、私が関心を持ったのは、インターネット上に、

「ハゲを治せるかもしれないとSTAP細胞に望みをかける人」

の投稿がいろいろとあったことです。

まあ、半分ジョークのつもりでしょうが、

「がっかり。STAP細胞で頭皮の細胞を若返らせたら髪がフサフサになるのだが」

などと投稿があります。

細胞レベルでなんとかしないと、ハゲは治せないものだと考えている人がいるのは確か。

ところが、

STAP細胞などに頼らなくとも、すでに薄毛やハゲを治す方法は見つかっているのです。

そこを理解すべきなのです。

結論から言うと、

口にするものを、髪の毛の生育に役立つものにしたらいいのです。

これが結論です。

私が、強烈なハゲ遺伝子を受け継いだにもかかわらず、

50代では平均的な髪の毛を維持できたのは、漢方の育毛法を通じて、育毛成分を口から摂取することを知ったからです。


育毛剤に頼るようでは、これは、髪が生えないのです。

たとえば、

コラーゲンを飲む場合と、飲まない場合では、3か月後の髪の毛の状態は違ってくるわけですよ。

それが体験できれば、育毛モチベーションもあがるので、ハゲに悩む人はぜひ飲むといい。

飲む育毛剤カイセイ堂『ミレットシリーズ』