育毛実践の記録☆薄毛対策30年をふりかえる

核酸育毛のすごいパワー体験2014年

多くの人が「理論」は知っていても「実践」が伴わないので、発毛に成功できないのです。

実行すると、あきらかに何らかの成果が出ます。

とくに「5大育毛法」の場合には、成果が出ることを私は知っています。

いわゆる「確信」というレベルです。

でも、実行できない人が多い。

私も、親類の薄毛の者に、育毛法を教えてほしいと頼まれると教えてあげるのですが、

なかなか実行が伴わない様子です。

こればっかりは、「本人の意思」が重要です。

「きっと髪の毛を生やして見せるぞ!!」

と、なぜ、努力しないのか不思議に思うことがあるのです。

5大育毛法の中の核酸育毛法については2014年に私自身の髪も増えたし、身の回りの人で髪が増えた人を複数名を確認もできました。

ベンジャミン・フランク博士の核酸での育毛法は有名で、あなたも、

イワシの缶詰を食べると髪が増える

と言う話を聞いたことがあるはず。

これはベンジャミン博士の著書が発端と思うのですね。



核酸育毛の実行方法に関しては、以下のサイトを読んでください。

育毛と発毛には核酸が決め手だった

2014年に私が体験したのは「大量摂取の効果」です。

私の妻が、ネットワークビジネスの仕事を始めたのですが、それが、フォーデイズと言う会社の核酸ドリンクだったのです。

私はフォーデイズの仕事には関係していませんが、妻が仕事の関係でよく飲ましてくれるわけです。

定価では1本1万円近くしますが、それを毎日ガブガブ飲む。

そうしていると、一段と髪の毛に元気が出てきた。

「これは、やはり核酸の育毛効果なのだ」

と確信できた。

フォーデイズの核酸ドリンクは値段が高いので、もっと手軽に核酸が摂れるようにピアセルと言う会社の核酸サプリと、産経逸品堂と言う会社の核酸サプリも飲んでいます。(平成27年2月現在)

集中的に良い栄養素を取り入れると、成果が目に見えるのです。