育毛実践の記録☆薄毛対策昭和56年からをふりかえる

育毛剤に対する私の評価2018年

昭和56年から育毛剤を使っています。

使っていながら、否定的な意見を言うのもおかしいのですが、

あえて結論をいいます。

「育毛剤はあまり効果がない」

「育毛剤はあまり効果がない」

「育毛剤はあまり効果がない」

強い印象を持っているので3回も言ってしまいました。

育毛剤よりも「育毛栄養」を口からとることです。

結論はそう。


あなたは育毛剤で効果を感じたことがあるのでしょうか?


正直なところどうですか?

ネット情報を見ると育毛剤の紹介がすごく多い。


「この育毛剤で生えました!!」

「育毛剤ランキングのベスト3」

「私が使用した育毛剤体験の記録」

などなど。

私はそういうことを書いたサイトについては、賛同しません。


「ホントに生えたのか?」

という気がしています。

ただし、私自身もミノキシジル5%のカークランドロゲインを使用したことがあり、頭頂部の改善が少しあったのは感じました。

ですから、カークランドロゲンや使用していないものの、ミノキシジルの「リアップX5]などは、少し発毛効果があると言えるでしょう。

ところが、ネットで大きく宣伝している5000円級の育毛剤は「費用対効果が悪い」と感じます。

もっと大事なことがあるでしょうと言ってあげたい。

では、平成30年8月4日現在、私が使っている育毛剤は何か?

といいますと、資生堂の育毛剤です。

楽天で買っていますよ。

詰め替え用なので格安。




では、どういう判断なのか?

私が選んだ理由。

1.資生堂は信頼おける

2.480MLでこの値段。

数か月使えるよ。


3.髪の毛のセットがしやすい。つけた後、髪ボリューム感が増す。
(カークランドロゲインの場合などは、髪の毛につけるとセットができない。
髪の毛が少なく見える。)



家にはアロエ育毛剤もあります。

時々気が向いた時に使用しています。






資生堂の「育毛アデノバイタル「育毛」も「育毛マミヤンアロエトニック育毛」も大げさな宣伝をしていないのが心地よい。



大げさな宣伝が多すぎますよ、多くのネット販売の育毛剤はね。

で、育毛剤は高く評価していない私ですが、昭和56年から育毛について研究し観察してきた結果、


「女性の場合は、育毛剤だけでも改善することがある」

ということもいえます。

男性の場合は育毛剤だけでは効果がでないが、女性の場合には育毛剤だけで生えることがある。

私の観察によるとね。

うらやましいところです。

男性の場合には男性ホルモンの関係で発生する「悪玉酵素」との戦いがあるので、発毛は容易ではないのですよ。

プロペシアなどを飲む方法がありますが、これも、私は平成30年現在は否定的。

副作用が怖すぎる。

20代、30代は、少なくとも飲まないほうがいいですよ。

公平な見地から、お勧めできるのは、メンズミレットという育毛コラーゲンです。

悪玉酵素を押さえつける成分が強い。

ただし、かなりの量を飲まないといけないので、お金との相談が必要なのです。

ここをクリヤーするのはあなたの問題です。


毎月3本を4か月続けてみることです。


⇒ 薄毛を治す特別セット

Fotolia_64007961_XS.jpg