薄毛を治す意義は大きい - 育毛実践の記録☆薄毛対策30年をふりかえる

薄毛を治す意義は大きい

デブ、チビ、ハゲと呼ばれる3大コンプレックス。

この3つのコンプレックスについては、「克服すると消えてなくなる」ものです。

80キロの女性が48キロになる。

159センチの男性が170センチになる。

ハゲの男性が平均的な髪の毛の量になる。

いずれも悩みは消えます。

さらにうれしいことに、

「ああ、こんな人生が待っていたのだ」

と毎日が楽しくなります。

ネットでライザップという有名なダイエットにより30キロやせた女性のブログを見ました。

ビフォー、アフターで、全く違った人生を送ることになるのです。

ハゲた男の人生と、髪の毛のある男の人生では、やはり人生が違ってくるのです。

20代はもちろん、50代、60代になっても、髪の毛の有無は人生に大きな影響があると思います。

70歳になっても、街に出かけるときに鏡の前で、

「ほう、今日も決まっているぜ」

とニンマリするのと、

「ああ、ハゲが進行してまったく髪の毛が亡くなったなぁ」

とぼやくのでは、人生が違うんですよ。

一言でいうと、自分を尊重し愛することができるかどうか。

鏡の中の自分を愛することができるかどうかなのです。

気に入った自分のためにコラーゲンなどを飲んで、髪の毛を大事にしたいものです。

回生堂メンズミレット


Fotolia_64007961_XS.jpg
ここは記事下のフリースペースです