育毛漢方という希望の星の光り - 育毛実践の記録☆薄毛対策30年をふりかえる

育毛漢方という希望の星の光り

薄毛の悩みは日に日に深まるばかりの昭和56年でした。

そんななかで、


「これで、髪は生えるかもしれない」


という希望が生まれました。


それは、漢方の権威者である高橋由美子先生の著書である、


「みるみる髪が生えてくる」


を本屋で見つけたときのことです。


本には明確な育毛法が書かれていました。


そして、


「遺伝性の薄毛、ハゲも治ります」と書かれていたのです。


希望の光りは、はじめはかすかなものでしたが、本を読み進めていくにつれて、



「これなら、髪が生えるだろう」



という確信めいたものが心に生まれましたね。


    *育毛書籍の金字塔「みるみる髪が生えてくる」を5分で読むブログ


とくに印象に残るのは、


1.髪は内臓が健全でないと生えない

2、育毛剤では髪は生えない

3.スピルリナをプーアール茶で飲み込むと髪は太くなる

4.猪毛ブラシで適切に頭皮を刺激すると髪が生える

5.粗悪なシャンプーだけは使ってはならない

6.野菜を多く食べる

7.紅クコ、蜜脾、ハスの種、などの漢方食を食べる、または煎じたり酒にして取り入れる

8.ヘアパックなら2ヶ月で生えそろう

9.睡眠が大事

10、酒は控える、タバコはやめる

などなど。


何度も読んだので、頭のなかに育毛・発毛の重要項目はしみこんでいますよ。



漢方の育毛については、私の最も大事な育毛実践項目です。


プロペシア、ミノキシジルの医療的な育毛法も大切に考えて実行していますが、漢方育毛療法のほうを私は重視していますね。


 (参考)以下の2つのブログで育毛漢方療法を詳しく解説しています。


1.育毛漢方のマニュアル

2.育毛シャンプーと育毛漢方でハゲよさらば



さて、まずは、実行です。


20代に実際に私が実行したことは、ほかのブログに書きましたので、ぜひ、読んでください。


3.育毛漢方を20代に、どう実践したかブログ


20代に実行した育毛漢方療法は、いまから思うと完成度は低いですが、「ポイント」は押さえていたのです。


実行しているうちに、


「おお、明らかに髪が元に戻りつつある」


と、うれしい声を上げる日が来たのでした。
ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー