育毛剤 - 育毛実践の記録☆薄毛対策昭和56年からをふりかえる

育毛剤が一度も信用できない私でした

育毛剤は信用していません。

頼りにしていないのです。

昭和56年から使用はしているものの、「ないよりはマシかもね」というスタンス。

私の育毛の先生である高橋由美子先生が著書の中で「体内の環境が大事」と説かれているのも影響していますし、なによりも、育毛剤では実感が少ないわけです。

口からの栄養により「血液を内容の良いものにせよ」というのが漢方の育毛法なのです。

Fotolia_132647309_XS.jpg


とはいうものの、長い間、いろいろな育毛剤を使用してきました。

知識と体験は十分あるのですよ。

若ハゲ対策として、良くテレビなどに取り上げられているのが若ハゲ用育毛剤。

もっとも手軽な若ハゲ、抜け毛対策として知られています。

いずれも薬局で購入できるので、同じもののように考えられていることが多いですが、実は医薬品、医薬部外品、化粧品の3つに分類されています。

メントールなどの成分を配合することで、爽快感が得られることを謳っている商品も多く、選ぶ際にはこうした使用感のよさもメリットのひとつです。

ほかの薄毛・抜け毛対策に比べ、初期費用も継続費用も安価で済むこと、今は若ハゲに悩んでいなくても、将来を心配し、何か対策を取りたいと考えている若年層に受け入れられやすいというのも特徴です。

毎日根気よく続けられる人であれば、時間拘束がないこともメリット。

ただし、その効果には個人差があったり、効果がある場合でもすぐには実感できないこともあります。

スプレーして使うのが一般的だが、毛根に詰まった脂を取り除いたり、血行を促進するための成分が配合されているなど商品ごとに特徴がありますので、若ハゲ、薄毛対策の育毛剤はお店で、よく調べて購入しましょう。


一般的には、育毛剤のレビューを読んで選択すればいいのですが、

やはりリアップX5などのミノキシジル成分を活用したらいいでしょう。


安価なカークランドロゲインもいいのです。


ちなみに、私自身は資生堂の育毛剤「アデノバイタル」を使用しています。

平成31年1月現在ですが。

過去には本当にいろいろなものを使いましたが、どれも同じという感想。

あなたも、そうなのではないですか?

「生えた!!」という実感はないのではないのかな?

詰め替え用の480MLなら長期の利用ができますよ。





育毛用というよりも、髪の毛のセットに役立つのです。


フンワリとセットできます。

育毛剤に対する私の評価2018年

昭和56年から育毛剤を使っています。

使っていながら、否定的な意見を言うのもおかしいのですが、

あえて結論をいいます。

「育毛剤はあまり効果がない」

「育毛剤はあまり効果がない」

「育毛剤はあまり効果がない」

強い印象を持っているので3回も言ってしまいました。

育毛剤よりも「育毛栄養」を口からとることです。

結論はそう。


あなたは育毛剤で効果を感じたことがあるのでしょうか?


正直なところどうですか?

ネット情報を見ると育毛剤の紹介がすごく多い。


「この育毛剤で生えました!!」

「育毛剤ランキングのベスト3」

「私が使用した育毛剤体験の記録」

などなど。

私はそういうことを書いたサイトについては、賛同しません。


「ホントに生えたのか?」

という気がしています。

ただし、私自身もミノキシジル5%のカークランドロゲインを使用したことがあり、頭頂部の改善が少しあったのは感じました。

ですから、カークランドロゲンや使用していないものの、ミノキシジルの「リアップX5]などは、少し発毛効果があると言えるでしょう。

ところが、ネットで大きく宣伝している5000円級の育毛剤は「費用対効果が悪い」と感じます。

もっと大事なことがあるでしょうと言ってあげたい。

では、平成30年8月4日現在、私が使っている育毛剤は何か?

といいますと、資生堂の育毛剤です。

楽天で買っていますよ。

詰め替え用なので格安。




では、どういう判断なのか?

私が選んだ理由。

1.資生堂は信頼おける

2.480MLでこの値段。

数か月使えるよ。


3.髪の毛のセットがしやすい。つけた後、髪ボリューム感が増す。
(カークランドロゲインの場合などは、髪の毛につけるとセットができない。
髪の毛が少なく見える。)



家にはアロエ育毛剤もあります。

時々気が向いた時に使用しています。






資生堂の「育毛アデノバイタル「育毛」も「育毛マミヤンアロエトニック育毛」も大げさな宣伝をしていないのが心地よい。



大げさな宣伝が多すぎますよ、多くのネット販売の育毛剤はね。

で、育毛剤は高く評価していない私ですが、昭和56年から育毛について研究し観察してきた結果、


「女性の場合は、育毛剤だけでも改善することがある」

ということもいえます。

男性の場合は育毛剤だけでは効果がでないが、女性の場合には育毛剤だけで生えることがある。

私の観察によるとね。

うらやましいところです。

男性の場合には男性ホルモンの関係で発生する「悪玉酵素」との戦いがあるので、発毛は容易ではないのですよ。

プロペシアなどを飲む方法がありますが、これも、私は平成30年現在は否定的。

副作用が怖すぎる。

20代、30代は、少なくとも飲まないほうがいいですよ。

公平な見地から、お勧めできるのは、メンズミレットという育毛コラーゲンです。

悪玉酵素を押さえつける成分が強い。

ただし、かなりの量を飲まないといけないので、お金との相談が必要なのです。

ここをクリヤーするのはあなたの問題です。


毎月3本を4か月続けてみることです。


⇒ 薄毛を治す特別セット

Fotolia_64007961_XS.jpg

育毛剤をはじめて買ったときの絶望感

育毛剤の宣伝は、私が小学生の頃からありました。


テレビCMでやっていたのです。


「抜け始めてわかる、髪はなが〜い友だち」


というテレビCMです。


また、


カロヤン

加美乃素


という名前も有名でした。


薄毛を感じた時に、まず試したのは、育毛剤です。


当時は薬局で販売されている育毛剤を買いに行くのは心理的に困難でした。


プライド?


「私は髪の毛は減ってきたことを悩んでいます」


ということを、ほかの人には知られたくなかったのです。



そこで、スーパーなど、育毛剤を買いやすい場所はないだろうかと探しました。


見つけたのは近くの中型のスーパーマーケットです。


1階が食品売り場。


2階が服やデオドラント商品、そして育毛剤も置いていることがわかりました。



そのスーパー二階に行きました。


午後7時くらいです。


もう、暗くなっていました。


スーパーのカゴには、欲しくもない雑誌などもいれています。


「育毛剤だけを買う」

ということはできません。


また、誰か知っている人に、育毛剤を購入しているところも見られら大変。



心理的にプレッシャーがあります。


購入したのは、育毛剤とはわかりにくいような商品でした。


ジェット噴射で頭皮に発射するタイプ。


薬局にはもっと強力な発毛パワーのある育毛剤もあると思いましたが、薬局で育毛剤を買うなどということは、プライドが邪魔するわけです。


夜のスーパーの2階で育毛剤を買い、階段を下りるときの絶望感・・・・。


「こんなもので髪が生えるはずがない」

という悲しみと苦しみ。



30年たった今でも、スーパーの2階で育毛剤を買った後、階段を下りるときに感じた絶望感は、忘れられません。


「いったい、これからオレはどうなるのだろう?」


「ハゲても会社に行かなくてはならない」


「もう、女性にはモテないかもしれぬ」


「町で知り合いにあったとき、薄毛姿を見られたくない」


そんな絶望感が次から次へと生まれてきて、平常心などもてません。


30年たって、あの絶望感を、いまはこうして安心してブログにも書けることがうれしいです。


このときに購入した育毛剤では髪が生えず、この後、さらに薄毛化、ハゲが進行します。


このときに多くの人にからかわれました。


ハゲの進行が、とてつもなく苦悩を生んでいるのに、まさに、そのときに他人からからかわれるのです。


「人間の本性は悪である」

とする哲学者もいますが、なっとくできるような気がします。


このときの体験から。



人がハゲで苦しんでいるのが楽しくてたまらない人が、この世にはいるのです。


悪魔的な人がいるのです。


たしかに、ハゲると見た目には「おかしい」感じになるので、周りの人にとってはピエロ役をしなくてはならなくなります。


【変装かつら】ハゲちゃびん

【変装かつら】ハゲちゃびん
価格:1,890円(税込、送料別)




私のように、ハンサムな顔立ちのものがハゲてくると、いっそう「おかしさ」が周りには感じられるようでした。