育毛マインド - 育毛実践の記録☆薄毛対策30年をふりかえる

髪の毛を生やしたい理由は「自己重要感」と「見返してやる気持ち」

人生における蜜の味の一つは「復讐が成し遂げられること」なのですね。

昔読んだ、梶原一騎の劇画「紅の挑戦者」にそういう言葉がありました。

俺は復讐したいから、育毛に努力してきた部分もあるな。

そう感じています。

昔、自分の薄毛化をからかった人の前で、髪の毛をかき上げる時の快楽は、めまいがしそうなくらいです。

「ざまぁ、みろ」

声には出しませんが。

俺って、そういう執念深いところがあったのかねぇ・・・・・・。

自分の知らない自分を確認。

さて、

今回はありのまま、なぜ、育毛に努力したのかをお話ししましょうか。


Fotolia_61929221_XS.jpg


今まで、長い間、育毛に努力してきました。

昔もそうでしたが、今でも時々思うことがあります。

それは、

「自分は髪の毛を増やすことに必死になってきたが、なぜ、そんなにハゲたくないのか?」

と言う部分です。

私は性格的には「あっさり」しており、あまりこだわりなどない性格だと自己判断しています。


それなのに、

「ハゲだけは絶対にいや」

なのです。

この気持ちはどこから来るのか?

一番大きな要因は「自己重要感」だと思うのです。

昭和56年に額からハゲ上がってきた頃には、よくからかわれたものです。

「おい。また一段とハゲ上がってきたぞ・・・。ひゃひゃひゃ」

などとからかわれる。


これでは自己重要感が持てません。


「おれって、みじめでカッコ悪い存在なのか・・・・?」

という気持ちです。


アンデルセンの童話「醜いアヒルの子」の気持ちがよくわかる。






「お前は、醜いアヒルだよ!!」

と周りからの評価を受け続けると、なかなか自己重要感が持てません。


人間で一番大事なのは「自分は素晴らしい人間なのだ」という気持ちです。

デール・カーネギーの名著「人を動かす」での一番大事な部分、それは、


「人間とは自分が重要だという気持ちを渇望する存在である」

という一文です。

ここに集約される。

「願う」ではなく「渇望する」とカーネギーが表現したように、


人間とは「自分が素晴らしいとみんなに認められ、称賛されたい」わけです。

それなのに、・・・・・・。


髪の毛が少なくなったというだけで「称賛」ではなく「からかい」を受ける。


これはつらい。

これは、つらいのです。

で、醜いアヒルの子の話です。

「お前はブサイクだ!!」

「可愛くないねぇ」

「だめなアヒルだよ」

「この、ハゲが!!」・・(これは違うか。)

などと言われ続けて、すっかり自信がなくなった。


しかし踏ん張って生き続けていると、いつの間にか白鳥に成長していた。

まわりから

「まあ、なんてキレイな白鳥でしょう!!」

「うわぁ!イケテル鳥だわ!!」

という評価に変わる。

見た目が変わると評価は一変する。


薄毛やハゲも同じですよ。

「あのハゲが・・・・」

などと陰で悪口を言われていても、生えるともう何も悪口を言われる心配はない。

鏡の中の自分を認めることができる。

Fotolia_84234901_XS.jpg

自分の姿を愛することができる。

180度の人生転換。

髪が生えさえすればいいのです。

髪が生えさえすればいいのです。

自己重要感が維持できます。

自分を愛し、「自分はイケテいるぜ!!」

と思う人生が大事なのです。

だから髪の毛を生やす努力は尊いのです。


右矢印1 この方法で髪の毛が生える



Fotolia_84656599_XS.jpg




追伸 ・・・ リアルな後日談

醜いアヒルの子は、自分が美しい白鳥になったことを理解したときに、悩みはなくなりました。

白鳥たちの群れから招き入れられるシーンがあり、ハッピーエンドで童話は終わります。



でも、おそらくこの話には後日談があるはずなのです。

美しい白鳥となった「醜いアヒルの子」は、昔のアヒルたちの前にひんぱんに姿を見せるようになるのです。

「ああ、アヒルさんたち、昔は何かとお世話になりましたねぇ」

白鳥になった彼の前で、からかえなくなり居づらくなるアヒルたち。

昔から買った彼を見て、こそこそと姿をくらますアヒルたちもいるのです。

醜いアヒルの子は、心の優しい性格です。

でも、ときどき昔の屈辱も思い出すようでした。また、自分でも気づかないくらいですが、少し執念深いところがあるようです。

昔、自分をからかい、いじめたアヒルグループに顔を見せるために、わざわざアヒル池の近くまで遊びに行くのです。

そして、誰にも聞かれないように、つぶやく。

「もうからかえないだろう?ざまぁ、みろ・・・・」


薄毛を治す意義は大きい

デブ、チビ、ハゲと呼ばれる3大コンプレックス。

この3つのコンプレックスについては、「克服すると消えてなくなる」ものです。

80キロの女性が48キロになる。

159センチの男性が170センチになる。

ハゲの男性が平均的な髪の毛の量になる。

いずれも悩みは消えます。

さらにうれしいことに、

「ああ、こんな人生が待っていたのだ」

と毎日が楽しくなります。

ネットでライザップという有名なダイエットにより30キロやせた女性のブログを見ました。

ビフォー、アフターで、全く違った人生を送ることになるのです。

ハゲた男の人生と、髪の毛のある男の人生では、やはり人生が違ってくるのです。

20代はもちろん、50代、60代になっても、髪の毛の有無は人生に大きな影響があると思います。

70歳になっても、街に出かけるときに鏡の前で、

「ほう、今日も決まっているぜ」

とニンマリするのと、

「ああ、ハゲが進行してまったく髪の毛が亡くなったなぁ」

とぼやくのでは、人生が違うんですよ。

一言でいうと、自分を尊重し愛することができるかどうか。

鏡の中の自分を愛することができるかどうかなのです。

気に入った自分のためにコラーゲンなどを飲んで、髪の毛を大事にしたいものです。

回生堂メンズミレット


Fotolia_64007961_XS.jpg

育毛マインドセットをしないと髪は生えない

育毛生活を32年間続けてきて、私にはわかった。

薄毛の人が、

髪の毛を復活させられる場合と、

復活できずにハゲていく場合とがある「理由」。
その違いは、
「育毛マインドセット」

にあることがわかった。

Fotolia_53798596_XS.jpg

そして、育毛マインドセットができているか、どうかを判別する方法もわかった。

そのことを、今回は説明しようと思います。

結論から言うと、

育毛マインドセットができていれば、平成25年の今の日本では、髪の毛は生えます。

遺伝性のハゲ、薄毛でも、平均的な量までは可能であると私は確信します。

言いかえると、

育毛マインドセットができていないと、ハゲ遺伝子がある場合には、遺伝子情報のままに、髪の毛は失われていくはずです。

育毛マインドセットとは、
「髪の毛を生やすための判断基準」

ということであります。

では、具体例を2つほど。

1.健康雑誌を読んでいたら、髪の毛を増やすためによいサプリメントの宣伝があり、今なら「お試し」で1000円で買えるということであった。

申し込むか。申し込まないか。

2.お菓子と飲みものを、コンビニで買うことにした。

ポテトチップスとコーラが大好きなので、そのセットを買おうと思うが、となりには、

黒ゴマせんべいとウーロン茶が販売されていた。

今日のおやつタイムに、何を買う?


具体的には、上記のような事例が挙げられます。

まず第一の事例。

育毛マインドセットができていれば、

すぐに1000円のサプリメントを申し込む。

育毛マインドセットができていないならば、1000円でさえも、「もったいない」とお金を払わない。

この差が大きいのです。

まずはお金を出して「チャレンジ」すべきなのですよ。

1000円のお金を投資できないようでは、これでは髪の毛が生えるわけがないのです。

「だまされはしまいか」

などと、10万円なら考えてもいいでしょうが、1000円で、そういうことをいうようではねぇ。

そういうマインドの人がいるのですよ。


では、第2の事例。

育毛のためには、黒ゴマせんべいとウーロン茶のほうがベターです。

コーラとポテトチップスは育毛にはNGです。

ところが、

「コーラとポテトチップスが好きだから」

という理由で、そういう価値基準で選択する人がいます。

そりゃあ、生えんですわ。

こういうことの積み重ねですからね。

「育毛マインドセット」ができていたら、

「ポテトチップスが食べたいけれども、髪の毛のためには黒ゴマせんべいのほうがいいから、こっちにしよう」

という判断をするわけですよ。

1〜2日では差がつかなくても、判断基準が違うわけだから、1年後、2年後、全然違う髪の毛の量となって、結果があらわれるのですよ。